やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2022/11/22
個人で所有する貴金属の売却についての所得税の課税関係

[相談]

 私は会社勤務をしている者です。
 諸般の事情から家財の整理を行うこととなり、個人で所有し日常的に身に着けている貴金属について、その一部を売却することとなりました。
 それらの貴金属の価額はいずれも1個あたり20万円程度ですが、この貴金属の売却について所得税は課税されるでしょうか。教えてください。


[回答]

 ご相談の貴金属の売却については、所得税は課税されないものと考えられます。


[解説]

1.物品の譲渡と所得税の関係

 所得税法上、資産の売却(譲渡)により生じた所得は「譲渡所得」とされ、譲渡所得に対しては、原則として所得税が課税されると定められています。

 その譲渡所得の対象となる資産には、土地、借地権、建物、株式等、金地金、宝石、書画、骨とう、船舶、機械器具、漁業権、取引慣行のある借家権、配偶者居住権、配偶者敷地利用権、ゴルフ会員権、特許権、著作権、鉱業権、土石(砂)など様々な種類の資産が含まれます。

2.所得税が非課税とされる譲渡所得

 上記1.の原則的な取扱いに対して、譲渡所得であっても、所得税が非課税となる場合が所得税法では定められています。

 具体的には、自己又はその配偶者その他の親族が生活の用に供する家具、什器、衣服その他の資産で一定のもの(生活用動産といいます)の譲渡による譲渡所得については、所得税は課税されないと定められています。

 ただし、上記の生活用動産からは、次のものは除かれています。

@ 1個又は1組の価額が30万円を超える、貴石、半貴石、貴金属、真珠及びこれらの製品、べつこう製品、さんご製品、琥珀製品、ぞうげ製品並びに七宝製品

A 1個又は1組の価額が30万円を超える、書画、骨とう及び美術工芸品

 したがって、今回のご相談の場合、売却予定の貴金属の価額はいずれも1個あたり20万円程度とのことであり、30万円を超えないことから、それらの売却による所得については、所得税は課税されないものと考えられます。

[参考]
所法9、33、所令25など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



電子帳簿保存法/メール添付した請求書データと同じ内容のものを郵送する場合の取扱い2022/11/15
贈与税の申告書の提出先2022/11/08
電子帳簿保存法/電子取引データの保存について改ざん防止措置を講じる場合の注意点2022/11/01
今年の年末調整で気をつけるべき点は?2022/10/25
従業員に会社から金銭を貸し付けた場合の利率の設定方法2022/10/18
年末調整のスケジュール2022/10/11
電子帳簿保存法/見積書の相手方への提出が複数回に及ぶ場合に保存すべきもの2022/10/04
親が自分で購入した墓石等の未払い代金の相続税債務控除適用可否2022/09/27
年の途中で土地を売却した場合の固定資産税納税義務者2022/09/20
すまい給付金を受給した場合の住宅ローン控除額への影響2022/09/13
丸投げ工事の消費税簡易課税制度における事業区分2022/09/06
住宅取得等資金贈与に係る贈与税の特例と暦年課税の基礎控除との併用可否2022/08/30
譲渡所得計算における、5%取得費と相続税額の取得費加算の併用2022/08/23
媒介者交付特例の適用を受けるための適格請求書発行事業者登録番号の通知方法2022/08/16
中古自動車買取販売業者がインボイス制度下で仕入税額控除を受けるための要件2022/08/09

CONTACT

岡田洋税理士事務所

〒659-0021
兵庫県芦屋市春日町24‐8
ゲマインシャフト芦屋201
Tel:0797-23-3555
Fax:0797-23-3577